呪術廻戦

虎杖悠仁の正体とは?加茂憲倫や呪胎九相図との関係

虎杖悠仁の正体とは?加茂憲倫や呪胎九相図との関係

今回は、呪術廻戦の主人公・虎杖悠仁の正体について考察したいと思います。

呪術廻戦の第1話から登場している主人公・虎杖悠仁ですが、物語初期から人間離れしたエピソードが多々あり、ファンの間では「虎杖悠仁≠人間説」がまことしやかにささやかれていました。

そして、長らく続いた『渋谷事変』の最終盤では、夏油傑の身体を乗っ取っている加茂憲倫や脹相らの言動から、虎杖悠仁の出生は呪胎九相図に関連していることがほぼ確定しました。

本記事では、「虎杖悠仁の正体とは?加茂憲倫や呪胎九相図との関係」と題して、虎杖悠仁の謎めいた正体を本編で明らかになっている情報から徹底考察します。

虎杖悠仁の正体は呪胎九相図と関係がある?

まず結論からお話すると、当サイトでは虎杖悠仁の正体=呪胎九相図であると予想しています。

この仮説の根拠となるのが、呪術廻戦第133話での加茂憲倫(偽夏油)が口にした以下のセリフです。

133話のこのセリフから、虎杖悠仁は加茂憲倫によって作られた存在であることが明確になりました。小さなコマでサラッと重大な発言をしています。

そして、加茂憲倫が作ったと言えば、明治時代初期に加茂憲倫が創り出したと云われている「呪胎九相図」というものが本編で既出です。

  • 加茂憲倫(偽夏油)のこのセリフ
  • 呪胎九相図という加茂憲倫の過去の遺物

この2つの情報が、虎杖悠仁が加茂憲倫によって人工的に作られた存在であり、それは呪胎九相図と大きく関係していることを裏付けます。

宿儺の器とは?

そして、加茂憲倫(偽夏油)が133話で口にしたもう一つの「宿儺の器」という単語ですが、これも虎杖の正体を考える上では重要です。

虎杖悠仁は呪術高専の友人である伏黒恵を助けるために、宿儺の指を取り込み、体内に宿儺を受肉させています。

虎杖が宿儺の指を飲み込んだのはその場の流れだと思っていましたが、加茂憲倫(偽夏油)が「宿儺の器」という言葉を口にしたことで、第1話の状況も実は仕組まれたものではないかという仮説が立ちます。

虎杖の身体は加茂憲倫(偽夏油)によって作られたモノであることが濃厚で、尚且つ作った本人が虎杖のことを「宿儺の器」と呼んでいるということは、虎杖悠仁は宿儺を受肉させるために作られた存在であるということがほぼ確実です。

  • 宿儺を取り込んでも死なない⇒虎杖は凄い

というのがこれまでの認識でしたが、実は逆の因果関係になっていて、

  • 虎杖は宿儺を宿すために作られた⇒だから宿儺を取り込んでも死ななかった

ということになると思います。

第1話で虎杖が宿儺の指を飲み込むことまで、加茂憲倫(偽夏油)の計画の内である可能性がありますね…。恐ろしいです。

しかし、加茂憲倫(偽夏油)が「宿儺の器」を作り出した目的は今のところ不明です。

恐らく、加茂憲倫(偽夏油)を乗っ取っている「羂索」という人物が、平安時代の人物で、宿儺と顔なじみだということがキーになっているようですが…。

虎杖悠仁が加茂憲倫によって作られた存在である根拠

ここまでで、虎杖悠仁の正体が人間ではなく作られた存在で、それ故に人間離れした能力を有していることがお分かりいただけたと思います。

脹相などの呪物が受肉した存在と同じように、人間離れしたエピソードが数多くあるのも納得できます。

ここからは、虎杖悠仁の人間離れエピソードをまとめてご紹介し、上記の仮説の補強材料としたいと思います。

身体能力が異常に高い

呪術廻戦第1話で、虎杖悠仁が高校の陸上部の顧問と砲丸投げの飛距離を競うシーンがあります。

その時の虎杖悠仁の記録は何と「30m」で、世界記録を優に超える記録をたたき出しています。

このように、虎杖には人間離れした身体能力が備わっているのですが、よく考えるとおかしいですよね。

虎杖の身体能力が異常なのはジャンプにありげな主人公補正なのかな?と思っていましたが、虎杖が作られた存在で、脹相などと同じ呪胎九相図に似た存在であるなら、このことも理屈で納得できます。

脹相が虎杖を兄弟と強く認識している

呪胎九相図の1番:脹相が、劇中で虎杖悠仁のことを兄弟だと強く認識していることも虎杖が加茂憲倫(偽夏油)によって作られたモノであることを裏付ける根拠の1つです。

脹相には”血のつながった弟達の異変はどんなに遠くにいようと感じ取れる”という赤血操術の副産物のような能力が備わっています。

この能力はガチで、実際に呪胎九相図の壊相や血塗が死亡した際には、その死を離れた場所から感知していました。

この能力を有した脹相が、虎杖悠仁のことを本物の兄弟として強く認識しているのです。

この現象は、脹相と虎杖が加茂憲倫経由で血がつながっているからということで間違いないでしょう。

つまり、虎杖悠仁は加茂憲倫によって作られたモノであり、脹相ら呪胎九相図とは兄弟の関係にあるということです。

宿儺の指を取り込んでも死なない

呪術廻戦第1話で、虎杖悠仁は友人の伏黒恵を助けるために宿儺の指を飲み込み、呪力を獲得すると共に、その身に両面宿儺を宿しました。

しかし、宿儺の指は人間にとっては猛毒であり、常人が飲み込みでもしようものなら死に至るものなのです。

でも虎杖は宿儺の指を飲み込んでも死に至らず、宿儺を体内に抑え込みました。

そもそも”宿儺の指を飲み込んでも死なない”というのがおかしいですし、宿儺を体内に抑え込んでしまうというのは異常です。

これらも、虎杖悠仁≠人間であることを裏付ける根拠となっています。ただの主人公補正では無かったようですね。

虎杖悠仁の正体とは?加茂憲倫や呪胎九相図との関係 まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、呪術廻戦に登場する主人公・虎杖悠仁の正体について考察いたしました。

133話の加茂憲倫(偽夏油)のセリフから、虎杖悠仁の正体についての考察がかなり進みました。

虎杖悠仁は加茂憲倫によって作られた存在であり、脹相ら呪胎九相図と関係があると予想させていただきました。また、宿儺の器という単語も虎杖の正体を考える上で重要です。

加茂憲倫(偽夏油)がなぜ「宿儺の器」を作る必要があったのか、目的は不明ですがこのことは呪術廻戦の物語に大きく絡んできそうです。

虎杖悠仁が人間離れした身体能力を有していることも理屈で納得できたので、何だかスッキリした気分です(笑)

最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です